フリーダイヤル:0120-54-1263
オンライン予約

あずまや高原ホテル

mail
facebook
宿泊予約
雲の上の客室

真田氏ゆかりの地

信州真田物語
信州真田物語

真田三代の郷 信州上田。

戦乱の世にありながら大名までのぼりつめ、天下にその名をとどろかせた真田一族。
ここ信州上田は、戦国随一の武将と名高い真田氏発祥の郷です。また信州の鎌倉となぞらえる程、山寺や塩野神社、安楽寺、北向観音などの多くの史跡、神社仏閣があります。

その上田から車で約50分の所にある「あずまや高原ホテル」は天下をうかがった真田一族や真田十勇士の野望の郷、修行の場、休息の地である日本百名山で多くの自然愛好家と登山客で賑わう四阿山(あずまやさん)の中腹にあります。

この郷をめぐればそんな真田一族や十勇士たちの武勇伝が姿を現し時代を超えて今なお、人々の心に感動とロマンを呼び覚まします。

突然巻き起こる一陣の風・・・。遠い昔の英雄たちの夢が鮮やかに蘇ってきそうです。

「あずまや高原ホテル」から南に車で20分程度の所にある角間渓谷は、真田十勇士が修業をしたと伝えられています。
また、鳥帽子岳北山麓の長さ4kmにわたる大渓谷で角間川の両岸に切り立った険しい崖や巨岩が続いていて忍者猿飛佐助の修行の場としても伝えられています。

真田の郷の角間渓谷や鳥居峠で兵法をみがいたこの郷をめぐればそんな十勇士たちの武勇伝が姿を現します。

真田幸村

真田氏と言えば、真田幸村(ゆきむら)があまりにも有名。彼は安土桃山時代から江戸時代初期の武将で本名は信繁(のぶしげ)と言い武田信玄の家臣であった真田幸隆(ゆきたか)の孫で上田城主真田昌幸(まさゆき)の二男。

父の真田昌幸(まさゆき)は武田氏に使えるが、武田家が滅びると上田城に本拠を構え上杉景勝に属し、のち豊臣秀吉に仕えた。
関ヶ原の戦いの際には兄の真田信之(のぶゆき)は東軍、父の昌幸(まさゆき)・幸村(ゆきむら)は西軍につき西上しようとする徳川秀忠の大軍を信濃上田で阻止した。
戦後、兄の助命嘆願により高野山麓に幽居したが、1614年大坂の役が起こると豊臣側に属し奮戦。翌年夏の陣で戦死した。享年49。

真田十勇士

真田十勇士は戦国の世を生きた名将・真田幸村と真田一族の活躍を影で支えたのが、忍者や豪傑、知恵者など英傑たち個性あふれる十勇士です。(猿飛佐助、霧隠才蔵、三好清海入道、三好伊三入道、穴山小介、由利鎌之助、筧十蔵、海野六郎、根津甚八、望月六郎)

真田氏歴史館

真田氏歴史館

武田二十四将として活躍した真田一族の歴史を古文書、武具等豊富な資料を紹介。真田昌幸、信之、幸村親子の精巧な復元甲冑を六文銭の陣幕、旗を背に展示してある。

入館料

一般200円、児童・生徒100円、団体入館料(25名以上)一般160円、児童・生徒80円

開館時間

9時から16時まで

休館日

火曜日(祝祭日の場合は翌日が休館、年末年始は12月25日から1月5日まで休館です)

長野県上田市真田町本原2984番地1 TEL0268-72-4344

詳しくはこちら

真田氏館跡

真田氏館跡

真田氏が上田城を築城する以前の居館跡。現在、お屋敷公園として整備されていてツツジの名所として知られています。隣接する真田氏歴史館では真田氏ゆかりのものが見られる。

長野県上田市真田町本原2962番地1 TEL:0268-72-2200(真田地域自治センター)

詳しくはこちら

上田城跡公園

上田城跡公園

上田城は真田昌幸によって1583年に築城された平城である。二度にわたる徳川軍の攻撃を撃退した上田合戦が行われたことで有名。
現在は旧二の丸が上田城跡公園になっている。樹齢100年といわれているケヤキ並木をはじめ、約千本の桜など自然に囲まれており春には花見の客で賑わう。

長野県上田市二の丸2

詳しくはこちら

真田氏本城跡

真田氏本城跡

この城は真田山城、松尾新城、住連寺城、十林寺の城山などと言われている。
真田氏の本城にふさわしい規模の城であることから真田町指定文化財史跡名では真田氏本城とされている。

長野県上田市真田町長 TEL:0268-72-2200(真田地域自治センター)

詳しくはこちら

長谷寺

長谷寺

真田幸隆が開山した菩提寺。境内には真田氏繁栄の基礎を作った真田幸隆と幸隆の三男昌幸の墓がある。枝垂桜も見どころである。

長野県上田市真田町長4646 TEL:0268-72-2200(真田地域自治センター)

詳しくはこちら

信綱寺

信綱寺

創建は室町時代。その後真田昌幸が兄信綱の位牌所とした。
真田信綱夫妻の墓がある。

長野県上田市真田町長8100 TEL:0268-72-2200(真田地域自治センター)

詳しくはこちら

芳泉寺

芳泉寺

開創時は常福寺と称し、真田信之の菩提寺だった。信之の正室小松姫の墓がある。
信之ののちに上田城主になった仙石忠政が小諸の宝仙寺をここに移し円覚院芳泉寺とした。浄土宗。

長野県上田市常磐城3丁目7番48号 TEL:0268-22-1595

詳しくはこちら

大輪寺

大輪寺

真田昌幸の夫人寒松院が開基となったと伝えられている。曹洞宗。

長野県上田市中央北1丁目5番7号 TEL:0268-22-0575

詳しくはこちら

生島足島神社

生島足島神社

生島神、足島神の二神。ご神体は大地。社伝では五名方命が出雲から下ってきた時両神が粥を奉納としたとあり、この伝承通りであればこの地方の地主紙と考えられている。 この神社は日本の中央にあるとされ、日本総鎮守とも称された。

長野県上田市下之郷中池西701 TEL:0268-38-2755

詳しくはこちら

砥石米山城

砥石米山城

県の史跡に指定されている山城。真田の町並みが一望できる。この地方に勢力があった村上義清の重要な拠点であり、武田信玄が二度目の敗北を喫した舞台。

詳しくはこちら