日本におけるiGambling産業の台頭

iGambling業界

日本は2018年に可決された新しいカジノ法案の下でギャンブル規制の更新に取り組んでいます。日本はまた、ギャンブルの形と方向を変えた数十年にわたっていくつかの浮き沈みを見てきました。日本の法律は、地元の人々が不健康なギャンブルに巻き込まれないようにするために常に厳格でした。今日でも、ギャンブルを運営するために誰もが従わなければならない制限があります。日本の領土で許可されているスキルベースのゲームがいくつかありますが、運ベースのゲームはすべて禁止されています。

日本には、リアルマネーでのギャンブルを許可する合法的なカジノはありません。日本には2万を超えるギャンブルホールがあり、プレーヤーにたくさんの娯楽と報酬を提供しているため、ギャンブルを楽しむ別の方法があります。ギャンブルは、それを合法化することに関して、日本で激しい議論が行われています。カジノ法案は日本の一部の地域で限定的なカジノゲームを合法化するでしょうが、この決定に反対する社会の重要な側面があります。カジノとは別に、全国に別の規制があるパチンコ店があります。元パットがギャンブル規制について学び、合法的なゲームのみをホストしている場所を見つけるのは少し難しいかもしれません。違法なグループによって運営されている地下のギャンブルハウスがいくつかあるため、外国人は違法な賭けでトラブルに巻き込まれる可能性があります。

ギャンブル法は20世紀にさかのぼり、それ以来あまり変更されていないため、今日では少し複雑になっています。 20世紀には、賭けは競馬にのみ許可されていました。今日、賭けを可能にするオートバイレース、ゴルフ、自転車レース、ボートレースを含むいくつかのスポーツがあります。それはスポーツ協会がより多くの聴衆を引き付け、これらのゲームをサポートする人々の精神を高めるのに役立ちます。

カジノゲーム

日本におけるギャンブルの法的状況

ギャンブルは刑法第185条に基づいて法的に禁止されています。第185条は、違法な賭けの手段に課せられた罰を含む、日本のギャンブルに関するすべての詳細で構成されています。勝つためのチャンスで構成されるゲームは、リアルマネーギャンブルが禁止されています。現在のギャンブル規制では、偶然に決定されたあらゆるセクターのゲームはギャンブルのカテゴリーに含まれると見なされ、賭けることは違法になります。法律によると、日本の領土にギャンブルの財産を設立する行為は刑事犯罪です。

日本のギャンブル法で合法化されているスポーツは、ボートレース、自転車レース、競馬、オートバイレースの4つだけです。これら4つのスポーツの下でのすべてのイベントは、政府と企業によって管理されています。最近の公的宝くじシステムとサッカー賭博は、地元の人々に新しいギャンブルの手段を導入しました。ギャンブルイベントを主催したい地元の人々は、政府の許可を得る必要がありますが、これは簡単なことではありません。これが、地元の人々がお気に入りのカジノゲームをリアルマネーでプレイするために他の地域から運営されているオンラインギャンブルプラットフォームのみに依存している理由です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *